CIOjapan ホームへ

トップ > ブランドから探す >  SILVIO BESSONE(シルヴィオ・ベッソーネ)

SILVIO BESSONE(シルヴィオ・ベッソーネ)

SILVIO BESSONE(シルヴィオ・ベッソーネ)

シルヴィオ・ベッソーネは、ピエモンテ州クーネオ県の「ビゴフォルテ」という町に、工房とショップを持っています。カカオにこだわり、自ら生産地に赴き選び抜き、直接農園から買い付けをしています。さらに、焙煎しチョコレートに するまでを一貫して行っています。 常に研究と挑戦を忘れず、納得のいくチョコレートのみを作り続けるベッソーネ、 カカオの香り豊かなチョコレートをぜひ 味わってください。

バレンタイン・イタリア展 出店情報




SILVIO BESSONE(シルヴィオ・ベッソーネ)の商品一覧

ジャンドゥイオットジャンドゥイオット クネージシリーズクネージシリーズ
ソリージシリーズソリージシリーズ  
サラメ・デル・レサラメ・デル・レ ノッチョリーナノッチョリーナ

 


カカオを探す旅
チョコレートにはカカオがとても大切。ベッソーネは、カカオをチョ コレートにする過程の全てを工房で行います。
そのこだわりは、カカオを探すことから始まります。毎年、最高の オーガニックカカオを求め、数千キロも旅をし、生産者と会い、ス リランカ、ベネズエラ、エクアドル、ペルー、プラジルなどの農園 から直接カカオを手に入れています。 そのカカオを磨き上げ作られているのが、ベッソーネのチョコレー トです。


高品質を求め、自らの手で
こだわりはカカオだけではありません。
香り付けには天然のバニラ、甘さには良質のきび、ジャンドゥイオッ トに必要なヘーゼルナッツは、地元「ランゲIGP」のお墨付き。 彼の作るチョコレートは全て。今もなお、工房でひとつひとつ作ら れています。そのため大量生産はお約束できません。
納得のいく材料が手に入らなければ作らない程のこだわり。
彼の作 るチョコレートは有名な要人たち、聖ヨハネ・パウロⅡ世(故ロー マ法王)、ブッシュ大統領、エリザベス女王など、の舌を魅了して います。

  

プロフィール
13歳のとき、ピエモンテで行われた調理人のためのコンクール「ベレットドーロ」に初出場。これを皮切りに、その後毎年コンスタントにパティシエのための重要なコンクール、リミニの「S.I.G.E.P(手作りジェラート、焼き菓子国際見本市)」に出場するようになり、1997年の「スーペル・シジェップ・ドーロ」の成功まで、その腕を磨いてきました。
1995年から彼の冒険が始まります。リヨンのパティシエワールドカップで5位に入賞します。そして2000年は国内パティシエ選抜を勝ち抜き、2001年に行われた本戦では銅メダル受賞。チョコレート菓子最優秀賞。2001年最優秀ヨーロッパチョコレート工房賞を獲得しました。

主なコンクール受賞暦
1995 年 リオンのパティシエワールドカップで5 位に入賞。
1997 年 SIGEP「スーペル・シジェップ・ドーロ」の獲得。
2001 年 最優秀ヨーロッパチョコレート工房賞。
2009 年 イタリア・プラリネコンテストで 「PACE(平和)」が優勝